2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

在籍ハム一覧

  • ≪ハルス≫
    2012年8月31日うまれ
    自家繁
    クリーミーサファイアパイド
  • ≪バジル≫

    2012年6月5日うまれ
    自家繁
    サファイア
  • ≪ましろ≫

    2012年4月26日うまれ
    サファイアパール
  • ≪クライル≫

    2012年3月中旬うまれ
    ノーマルパイド
  • ≪ルート≫

    2012年2月中旬うまれ
    クリーミーサファイア
  • ≪アリス≫

    2012年1月31日うまれ
    サファイアパイド(インペリアル)
  • ≪みゅう≫

    2012年1月15日うまれ?
    韓国出身
    クリーミーサファイア

  • ≪シャンティ≫

    2011年9月10日うまれ
    クリーミーサファイア
  • ≪トルテ≫

    2011年6月17日うまれ
    自家繁
    ノーマル(インペリアル)
  • ≪千緒≫

    2010年11月12日うまれ
    自家繁
    サファイアプディング

CITES巡りの旅

2012.01.06

≪王子と行く≫円山動物園のはなし その2

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

前回→その1

   

しろん「2、3周目は、1周目に軽く見るだけだった動物を眺め、写真を
    撮り。
    人も午前より少なかったので、のんびりできました。
    ホッキョクグマの母(ララ)子(アイラ)の起きている写真を撮ろう
    と何度も立ち寄りましたが、結局寝姿しか撮れず。
    ヒグマとオオカミは、ガラス&檻&動きの速さに勝てず、まともな
    写真が撮れませんでした…。

    今回の写真はトカゲが登場しますので、ご注意を」

   

王子「モンキーハウスのサルたちや、熱帯動物館のサーバル、ユキヒョ
   ウも檻に阻まれたな。
   動物が檻から離れた場所にいれば、一眼レフの能力で檻を消して
   撮影できるのだが、檻と動物の距離が近いためどうしようもない」

   

しろん「収容時間まで待って室内で撮れないかとも思いましたが、こっち
    の方が檻との距離が近いっていう…ね」

Maruyama_zoo_1_3

王子「室内施設は、サーバル、ユキヒョウが全面檻。
   ライオン、ハイエナ、トラは全面ガラスとなっている。
   ライオンとトラは屋外施設だと距離が遠いのだが、室内施設だと
   近すぎる上に光量不足。
   トラは室内に収容後、目の前を動き回って写真など撮れないの
   で、デジカメ片手の家族連れが記念写真を撮ろうと思っても話に
   ならない。
   トラを撮るなら、屋外にいるのを望遠で狙うしかないな」

   

しろん「円山にいるユキヒョウのオス・アクバルは、多摩動物園のシンギ
    ズの息子。
    トラのオス・リングは、同じく多摩のアイ、マオ姉妹の父です。
    知っているコの子孫だったり先祖だったりするのでバンバン写真
    に撮りたかったのに、リングに至ってはまともな写真が1枚もな
    かった…!」

Maruyama_zoo_2_3

王子「そんなことをしている間に時間はすぎ、動物園を出たのは4時20
   分頃。
   ちなみに、夏季は5時。冬季は4時で閉園する」

   

しろん「今回は、朝一で入園できなかったこと、次に来れるのが何年先
    になるか分からなかったことがあり、イベントは猛禽のフリーフラ
    イトしか参加していません。
    いろんな動物のガイドやゴハンタイムもあるので、正門入ってすぐ
    の看板で確認してくださいね」

Maruyama_zoo_3_2

王子「円山動物園のお土産と言えば、
   (保冷剤つきお弁当箱)

   とか、

   (ホッキョクグマ版タイムズスクエア)

   とかが有名だな。
   別に園内でなくても買えるが」

   

しろん「園内のお店は、正門入って左手の動物科学館の中にあります。
    外から見えないうえに狭いんですよねー。
    気付いてない人、多そうです。
    もっと環境整えれば賑わうんじゃないかと」

   

王子「飼育施設も新しくなってきているし、これから発展していくんじゃ
   なかろうかね」

   

しろん「はい、期待しましょう。

    これで、円山動物園のお話は終わりです」

   

   

次回は・・・

     旭山動物園へ行こう

続きを読む "≪王子と行く≫円山動物園のはなし その2" »

2012.01.04

≪王子と行く≫円山動物園のはなし その1

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

第一弾→上野動物園のはなし

第二弾→多摩動物公園のはなし

第三弾→井の頭文化園のはなし

   

しろん「今回の第四弾は、札幌にあります円山動物園。
    2011年9月14日、夏休みを利用して訪れました。
    動物園以外の旅行記は
コチラをご覧ください。

    また、この回はカエルの写真が多々あります。
    わりと可愛げのある種類のつもりですが、苦手な方はご注意くだ
    さい」

Maruyama_zoo_ouji

王子「飛行機と電車、タクシーを乗り継いで、円山動物園に辿り着いた
   のは11時過ぎ」

   

しろん「写真は動物園から帰る時に慌てて撮ったやつですけどね。
    チケットを買う時に『1日券ですか? 年間パスポートですか?』
    と尋ねられたので、驚きました。
    有人のチケット売り場に行く機会も少なかったですが、今までで
    初めてのことです」

Hokkaidou_komono_0021

王子「首から一眼レフぶら下げて、ひとりで動物園に入ろうと言うのだか
   らな。
   窓口の人には、(動物の)おっかけのマニアだと認定されてたって
   ところだと推測する」

  

しろん「まあ、そうですね。
    ここは、期待に応えて年間パスポートを買っておくべきでした?
    ちなみに、年パスは売り切れ必至、再販も珍しくないほど人気が
    あるみたいですね」

Maruyama_zoo_1

王子「どうせ一年以内に行けないのだから、見栄を張らんでよろしい」

しろん「2012年12月に新しい施設が完成するらいいので、そしたらリ
    ベンジに行きましょうよ。
    今度は冬がいいですね~。
    旭山動物園と流氷、釧路湿原でタンチョウとか!」

Maruyama_zoo_1_2

王子「夢を語るだけならタダだからな。どんどん喋っとけ。

   さて。
   無事に園内に入った我々だったが、遠足風のガキんちょのパワー
   に負け、カンガルーや猛禽、類人猿をスルーして、は虫類・両生類
   館へ逃げ込んだ」

   

しろん「逃げ込んだ、と言っても中にたくさんいましたよね。

    このは虫類・両生類館、完成から半年だったのでキレイったらな
    いです。
    個々の動物のビバリウム(=生息環境を再現した飼育施設)もキ
    レイで、動物が見学者から見やすい位置で落ち着けるようなレイ
    アウトになってるんですね。
    温度・湿度が表示されているところもありました」

Maruyama_zoo_

王子「繁殖成績もよく、ベビーサイズのカエルやカメが多かったのには
   驚いたな」

   

しろん「担当の人の飼育や繁殖に対する考え方も、プロって感じで大好
    きですね。
    擬人化して考えないのはどの動物にも共通ですが、爬虫・両生
    担当&鷹匠のこの担当さん。
    『愛情は通じない。餌をあげる・もらうだけの関係だけで、それ以
    上でもそれ以下でもない』
    という言葉に、大いに頷いた私です」

Maruyama_zoo_1

王子「猛禽のフリーフライトは、ほぼ毎日行われているようだ。
   実際にグローブをして鷹匠体験もできるので、参加してみるといい
   だろう。
   愛情は通じない云々の話はこの時の話なので、同じような内容が
   聞けると思われる」

   

しろん「は虫類・両生類館を出たら、ペンギンや熱帯権の鳥たちを見て
    いよいよお目当てのクマが登場です。
    ホッキョクグマの繁殖がー、という話は動画にありますので、
    そっちをご覧ください」

Maruyama_zoo_2

王子「現存するクマ科の動物は、8種。
   円山にはその中の6種、アメリカグマ、ヒマラヤグマ(=ツキノワグ
   マ)、エゾヒグマ、マレーグマ、ナマケグマ、ホッキョクグマがおり、
   クマ天国と言っても過言ではない」

   

しろん「クマ科残りの2種は、メガネグマと、言わずと知れたジャイアント
    パンダ。
    どちらも国内で飼育されているので、クマ科はコンプリートできま
    すね」

   

王子「6種という動物種数は、東山動物園と並んで国内では1番多い。
   東山は、飼育している動物種の多さが国内第2位の大きな動物園
   だ」

   

しろん「ここまで充実しているのはすごいですね。
    ゾウの新規導入予定はなさそうですが、猛獣とかの有名どころも
    しっかりいますし。
    さすが、第2の上野動物園を目指して作られただけはあります」

Maruyama_zoo_1_2

王子「1988年にはタスマニアデビルが来園。
   更に2008年から2年間、コモドオオトカゲが飼育されていた過去
   もある。
   2012年1月現在、どちらも国内で見ることはできない」

   

しろん「1年と1ヶ月早ければ、王子もコモドオオトカゲに会えたんです
    よね。
    うーん、残念」

Maruyama_zoo_2_2

王子「園内には、レストラン・売店が合わせて6ヶ所、休憩できる施設
   も5ヶ所と充実しているな。
   更に正門入り口付近にコンビニもあるので、普通に食料・飲み
   物を調達できる。
   トイレの数も多く、インフラはかなり整備されているな」

   

しろん「屋外で食事する時は、カラスに注意だそうです。
    あなたのお昼ご飯を狙っていますよ!」

Maruyama_zoo_3

王子「ところどころ飛ばしながら園内を一周して、約2時間。
   遠足風の子供たちが大体いなくなっていたので、2周目にはい
   る」

   

しろん「というところで今回は終了。
    次回に続きます」

2011.12.23

≪王子と行く≫円山・旭山・葛西の動画

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

   

   

しろん「『円山動物園』、『旭山動物園』、『葛西臨海水族園』の動画が
    完成しましたので、先に載せておきます」

   

王子「1番目は『円山動物園』だな」

   

しろん「メインのBGMは、葉加瀬太郎氏の『Boys Be Ambitious 少年よ
    大志をいだけ…』です。
    曲がちょい長めなので迷ったのですが……」

   

王子「クラーク博士かね?」

   

しろん「札幌ですからねw
    選考理由はシャレですが、素晴らしくいい曲です。
    この曲だけに限らずね」

    

王子「……次行ってみよう」

しろん「2番目は、言わずと知れた『旭山動物園』。
    施設紹介風のスライドショーにならざるを得ない……。
    モザイク処理に初挑戦しました。
    メインのBGMは、Jake Shimabukuro氏の『With U Always』で
    す」

   

王子「くもじいじゃ!」

   

しろん「くもみですけどー」

   

王子「ではなく!!(◎△◎;)」

   

しろん「旭山については色んな曲を当ててみたけれどシックリ来ず。
    北海道旅行中に、空から日本を見てみよう の最終回を見たの
    で、この曲に落ち着きました。
    あの番組の選曲は私のツボをついてましたねー」

   

王子「はい、次」

しろん「3番目は『葛西臨海水族園』。
    ここから、写真を並べただけのスライドショーではなく、動画にな
    ります。
    5年ほど前のデジカメなので、手ぶれ補正なし&ピント固定&画
    質悪し!
    この3重苦で撮影したバックヤードツアーとマグロのゴハンタイム
    はボロボロですね……。
    それ以外はデジタル一眼のムービーモードで撮影しています。
    前回も書きましたが、この葛西でビデオ撮影に挑戦したのが動
    画作成のキッカケとなってしまいました」

   

王子「こんな内輪の動画に需要はないだろうから、正真正銘の自己満
   足だな」

   

しろん「その方が気楽でいいです。

    全ての動画の中で最初に完成したのがコレなのですが、ちょっ
    と手直しして、字幕の背景をなくしました。
    画質は良いので、文字が潰れて読めないってことはないと思い
    ますけど……」

   

王子「メインのBGMは、Secret Gardenの『Invitations』だな」

   

しろん「最初に作った動画ということで、文句なしに好きな曲を使いまし
    た。
    明るめの曲って少ないんですよねー。
    ボリューム小さめになってしまったので、調節したものを再UPす
    るかもしれません」

2011.12.19

≪王子と行く≫スタンプラリーに参加 2

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

   

しろん「王子、また動物園・水族館のスタンプラリーが始まりましたよ」

   

王子「ほう。今回はどこかね? 同じ施設だったら面白みがないぞ」

   

しろん「もちろん、違うところです。
    今回は、横浜市立+αの4ヶ所ですよ」

   

王子「『+α』の部分が非常に気になるが……。
   そう言えば、前回の都立動物園&水族園の結果はどうだったん
   だ?」

   

しろん「…………」

   

王子「……嫌な予感しかしないんだが?」

   

しろん「抽選結果は10月下旬に、って書いてあったんですよ」

   

王子「10月下旬なら、2ヶ月ほど前に過ぎたな」

   

しろん「何の連絡もないじゃないですかー」

Ouji_hekomu_2
王子「……つまり、ハズレだな」 ↑頭抱えてるつもり

   

しろん「ま、しょうがないです。
    どの程度の応募数があったのかは知りませんが、たった3つの
    枠に入るなんて、ねぇ。
    自慢じゃないですが、私クジ運ないですから!

    頭を切り替えて、新しいスタンプラリーを頑張りましょー」

Dsc000701

王子「で、今回はどの施設に行けばいいのだ?
   横浜市立の動物園は、『野毛山動物園』『金沢動物園』『ズーラシ
   ア』の3ヶ所だな。
   公立の水族館はなかったと思うのだが……横浜繋がりで『八景島
   シーパラダイス』あたりが組み込まれているとか?
   いいじゃないか、シーパラ! ジンベイザメも来たしな」

   

しろん「そうですね、動物園はその3ヶ所です。
    でも、もう1ヶ所にして唯一の水族館はシーパラではありません。
    『しながわ水族館』です」

   

王子「……しながわ水族館……?
   東京じゃないか! なぜだ?!」

   

しろん「それが全く分からないんですよね。
    正式名称が『電車でめぐる いきものスタンプラリー』なので、横
    浜市に限ってないことは理解できます。
    『電車で』となっていますが駅にスタンプはないですし、どこかの
    鉄道会社とタイアップしているわけでもなさそうです。
    3つの動物園に一番近い水族館は、絶対にシーパラです。
    となると、考えられるのは……」

   

王子「大人の事情、かね」

   

しろん「だと考えるのが一般的かと。
    あと、シーパラは遊園地etcと併設なので、純粋な『水族館』と捉
    えられていない可能性もありますね。
    この理由で、動物園・水族館のランキングからは外れてますか
    ら」

   

王子「他の水族館となると、『新江ノ島水族館』や『油壺マリンパーク』。
   この2ヶ所と比べたら、『しながわ水族館』のほうが近いわな。
   京急線沿線だから、横浜方面からのアクセスも良い」

   

しろん「と言うわけで、今回のスタンプラリーは『野毛山動物園』『金沢動
    物園』『ズーラシア』『しながわ水族館』の4施設です。

    景品ですが、スタンプ2個目と3個目の施設では主に入園料の
    割引。
    4個目の施設で、賞品がもらえます。
    何が貰えるかは施設ごとで異なり、各施設とも先着200名。
    更に、Wチャンスってのがあります。
    応募すると、40名に少し豪華な賞品が当たるそうですよ」

   

王子「各施設、先着200名か。
   期限が3月31日までとは言え、お子様には冬休みがあるから
   なぁ。
   そんなすぐにモノがなくなるとも思えんが、1月中には4ヶ所とも制
   覇したいところだな」

   

しろん「そうですね。
    既に野毛山動物園には行っているので、残りは3つ。
    今のところは、22日に金沢動物園。
    しながわ水族館は、さすが民営。大晦日まで開いているようなの
    で、31日に。
    1月中にズーラシアに行って、ゴールしようと思っています。
    ズーラシアの賞品はオカピのマスコットで、召使い的には一番良
    いなー、と」

   

王子「僕(しもべ)が増えるのはいいことだ。任せる」

   

しろん「本当は、22、23日と連休だったので夜行バスにでも乗って遠
    くの動物園or水族館に行こうと考えていたんですが、このスタン
    プラリーの存在を知って諦めました。
    ちなみに候補に挙がってたのは、名古屋の『東山動物園』、大阪
    の『天王寺動物園』、能登の『のとじま水族館』、鳥羽の『鳥羽水
    族館』でした」

   

王子「『野毛山動物園』からは撮影機材が変わっているぞ。
   夏に行った『円山動物園』『旭山動物園』『葛西臨海水族園』の紹
   介をしないことには先に進めないがな」

   

しろん「書くのに時間がかかるくせに、書き出すと止まらないんですよ
    ねー。
    円山・旭山・葛西の動画は完成しているので、それだけでも公開
    しますか。

    葛西からは、デジタル一眼&デジカメでビデオ撮影に挑戦してい
    ます。
    これがキッカケで動画作成を始めたので、葛西の動画は最初に
    完成していたんですよね。

    また、野毛山からは王子専用デジカメをビデオカメラに刷新!
    デジタル一眼&ビデオカメラの装備で行っていますので、スライド
    ショーとお別れですね。
    ビデオ撮影楽しーなー♪」

   

   

購入したビデオカメラは、SONYのCX-560V。
レンズが良くて安いcanonと、多機能と広角レンズのSONY。
最後まで悩みましたが、ナイトショット(赤外線撮影)が決め手となり、コチラにしました。
これでナイトサファリも行けちゃうじゃん?w

二枚目の写真(スタンプラリー用紙&王子のやつ)は、ビデオの写真機能で撮ったものですが、画質とかも気にならないですかね?

デジ一もSONYだし・・・動物園にいる時の私はバリバリのSONYユーザーに見えることでしょう。
関係ないけど、PCは東芝。

2011.12.01

≪王子と行く≫井の頭文化園のはなし

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

第一弾→上野動物園のはなし

第二弾→多摩動物公園のはなし

   

王子「CITESの旅、第三弾。9月8日に井の頭文化園に行ってきた。
   正式名称が『文化園』だが、『動物園』目当てで行く人がほとんど
   だと思うのだが…」

   

しろん「奥の方に彫刻園と遊園地が少しあるくらいで、まあ…動物園で
    すよね。
    9月に入り、夏休みも終わった平日の木曜日。
    この施設に関しては、平日でも休日でも人手に大差ないかもし
    れないですね。
    年齢層は、幼稚園の親子連れって感じです」

   

王子「こちらもスライドショーがあるので、まずはこちらを参照されたし」

しろん「メインのBGMは、バッカーノ!というアニメのオープニング曲
    『Gun's&Roses』を使っております。
    作曲は野口茜、演奏はParadise Lunchさん。
    私の中では吉祥寺=アニメとジャズなので、それに当てはまる
    ものを…と選んだ結果です。
    アニメ自体は見たことありませんが、この曲だけ1度聞いたこと
    があって、アニメも曲名も知らないところから頑張って探し出しま
    した。
    もっと有名なアニメでジャズな曲は知っていますが、あえてコレ。
    主張しすぎてバックグラウンドになっていないのは、仕様でござ
    いますw」

   

王子「スライドショーに詰め込む内容が少ない動物園なのに、4分以上
   の曲を選んでしまったせいで、ほとんど補足することがない」

   

しろん「そうなんですよ。
    なので、時間関係のことだけ話して井の頭の回は終わりにした
    いと思います」

Inokashira_zoo_

王子「到着したのは11時過ぎ。
   滞在時間は約3時間だな」

   

しろん「順路は特に決まっていませんが、隣の展示、隣の展示・・・と見
    ていくと漏れが発生する可能性が高いので、パンフレットを見な
    がらまわった方がいいですよ」

   

王子「そうだな。外周を進んでいくと、ヤマネコとかフェネックとか通り過
   ぎるからな。
   そのまま分園まで行って、『あれ、ツシマヤマネコどこにいるんだ
   ろう?』とか言い出さずに済むはずだな」

   

しろん「そーですねー。
    チケット売場のお姉さんに、『すみません、もう一度本園に戻り
    たいんですけど…』とか言わずに済むでしょーねー」

   

王子「以後、気を付けるように」

   

しろん「はい…」

   

王子「そのツシマヤマネコだが、飼育と一般公開をしている施設は井の
   頭を含めて8ヶ所。
   井の頭では5頭を飼育しているが、一般公開されているのは
   トラジロウというオスが1頭だけだ。
   他の4頭は非公開なのだが、トラジロウの飼育小屋の後ろに
   チラッと見えることもある」

Inokashira_zoo_1881

しろん「今回は、園内でお昼ご飯を食べていません。
    食べ物は、本園の入口付近とアジアゾウ付近の売店で売ってい
    ますが、食べる場所(テーブルとイスのセット)は少なく全て屋外
    なので、その程度のものだと思ってください。
    お弁当を持ってピクニック風の人が多かったですね」

   

王子「スライドショーでは、分園にある水生物館を飛ばしているが、ここ
   には日本土着の魚や両生類、昆虫が展示されている」

   

しろん「特に写真も撮らなかったし、探し求めるCITES動物はオオサン
    ショウウオだけで、特に書くこともなかったので取り上げなかった
    だけです」

   

王子「うん? 補足はこれだけか?」

   

しろん「ですね。
    本園2周、分園1周して、井の頭文化園のおはなしは終わりで
    す」

Inokashira_zo_

次回は・・・ いよいよ北海道編!

     円山動物園へ行こう

2011.11.25

≪王子と行く≫多摩動物公園のはなし その4

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

前々々回→多摩動物公園のはなし その1

前々回 →多摩動物公園のはなし その2

前回  →多摩動物公園のはなし その3

   

Tama_zoo__2

しろん「午後1時をまわりました。そろそろ、お昼ご飯にしますかね」

   

王子「多摩でゴハン系を販売しているのは3ヶ所。
   入口すぐのウォッチングセンターと、アフリカ園、オーストラリア園
   のコアラ下休憩所だ」

   

しろん「今回は、1番広くてメニューも充実しているアフリカ園の
    レストラン(兼無料休憩所)へ行くことにしました。
    上野と同じく、セルフサービスです。

Tama_zoo_84_ouji_0512

    注文したのは、冷やしうどん。
    普通においしいかったです。
    単品で650円だったかな? すみません、メモってなかったので
    嘘ついてるかもしれません。
    熱中症対策(と勝手に解釈)の梅干し丸ごと1個に助けられた
    気分です。
    真夏の動物園で1日過ごそうって言うんですから覚悟が必要で
    すね」

   

王子「レストランで動物園の新聞をゲットした。
   上野は冊子だったが、多摩はA4用紙1枚の両面印刷だ」

   

しろん「他に、ナイトサファリの案内もありましたね。
    8月の土日は夜8時までやっていたそうです。
    私は行ったことないですが、道にキャンドルが灯っていたりする
    らしいです。
    もちろん、山道とかは危ないので入れなくなっています」

Tama_zoo__3

王子「アフリカ園を後にして、昆虫園でハチドリに会い、多摩のメイン
   ストリートを歩いて行くぞ」

   

しろん「マレーバク、鳥のウォークインケージを通ります」

Tama_zoo__5

王子「このウォークインケージ、野生復帰できない傷病動物を飼育して
   いるような雰囲気だな。
   クチバシが欠けていていたり、跛行している鳥が多い気がする」

Tama_zoo__4

しろん「再びアジア園の奥地までやってきました。
    今度はユキヒョウの奥、レッサーパンダやターキン、シャモアの方
    まで歩きます。
    この山道を歩いていけばウォッチングセンターの近くに抜けるの
    ですが、何もない山道を延々と歩く羽目になります。
    シャモアの展示が最後になるので、来た道を引き返し、動物を
    見ながら正門まで戻りました」

   

王子「多摩を1日中楽しんだところで、今回のレポートは終了。
   園内を2周したと言っても過言ではないわけだ。
   しろんよ…他の人間と行った時に今日と同じコースで周ったら
   非難轟々だぞ?」

   

しろん「はい、そんな気がします(^_^;)」

Tama_zoo_1

しろん「やっぱり上野動物園よりも長くなっちゃいましたね。
    私の、一番思い入れのある動物園。
    多摩動物公園のおはなしでした」

Tama_zoo__6

   

次回は・・・

     井の頭動物園へ行こう

2011.11.24

≪王子と行く≫多摩動物公園のはなし その3

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

前々回→多摩動物公園のはなし その1

前回 →多摩動物公園のはなし その2

   

Tama_zoo__5

王子「オーストラリア園を後にして、アジア園に戻るぞ。

   多摩には、アヌーラというアジアゾウがいる。
   アジアゾウのオスとしては国内最年長だ。
   日本で飼育されているアジアゾウは、圧倒的にメスが多い。
   メスの方が温和で飼いやすいのはもちろんだが、オスには
   『マスト』と呼ばれる発情期があり、この時期はプロのゾウ使いで
   あっても手に負えないほど攻撃的になる。
   アヌーラも、若いころは大変だったらしい」

   

しろん「おじいちゃんになって、落ち着いてきたみたいですけどね。
    アヌーラは『座れ』、『おじぎ』、『鼻をあげる』、『前進』、『後退』
    のコマンドが入っていて、運が良ければ飼育担当さんが芸を
    披露してくれるかもしれませんよ。
    他に、健康診断や治療をスムーズに行うためのターゲット
    トレーニングもやっています。こっちは一般の人からは見えない
    かな」

Tama_zoo_1

王子「トラ舎では、2010年生まれの子トラと母トラが動き回っていた.。
   現在、多摩にいるのは母・シズカと子供のマオ、アイの3頭だな」

   

しろん「母トラのシズカ、立派に育っちゃって…(*´σω・、)ホロリ
    実習行ってた頃は、8kgなかった子ネコ(?!)さんだったの
    に。
    シズカは初産で3頭を出産(1頭は生後半年ほどで死亡)。
    相手はロシア生まれ、釧路動物園育ち、そして現在は円山
    動物園にいるリングです」

   

王子「北海道遠征の時に出会ったやつだな」

   

しろん「シズカの両親ビクトルとアシリは、繁殖計画のため他の動物園
    に散っています。
    ビクトルとアシリは多摩で3回繁殖し、子供は各1頭ずつしか生
    まれていません。
    しかも、内1頭は、てんかん持ちで既に死亡しています。
    通常1度の繁殖で2~3頭生まれるトラですが、出産頭数が少な
    いのは血縁関係が濃いせいだろう、と飼育担当さんが言ってい
    ました」

   

王子「絶滅への一途を辿る動物たちだが、世界中の動物園が協力して
   ブリーディングローンやズーストックを多用し、少しでも減少に
   歯止めがかかることを祈る」

   

しろん「ブリーディングローンとは、繁殖を目的とした動物の貸し借りの
    ことです。
    動物の所有権は移動しないので、お財布にやさしい。

    ズーストックは、希少な種を1ヶ所の動物園に集めて繁殖の
    可能性を広げること。
    そして将来的な目標は、生まれた動物の野生復帰です。
    この動物園には『オスだけしかいない』、『メスだけしかいない』
    状況を作らないようにしましょうってことです」

   

王子「うむ。大ざっぱに言うと、そんなところだ」

Tama_zoo_2

王子「トラの隣はオオカミだ。
   知らん間に、増えてるな」

   

しろん「冷静で賢いメスのモロと、ちょっと抜けてるオスのロボ。
    『いいメスと、いい飼育係がいれば繁殖は成功するんだよ』と
    飼育員さんに言わしめた夫婦ですw
    だいぶ群れらしくなってきました」

   

王子「放飼場の地面は、掘った巣穴でボロボロ。
   そろそろ敷地も手狭になってきたんじゃないか?」

   

しろん「オオカミ担当さんは、アヌーラ亡き後はココにオオカミ放したい
    とか、動物慰霊碑がある辺りの山をオオカミにとか、野望は
    尽きないみたいでしたよ。

    そう言えば、実習中にクリッカートレーニングを始めたばかりでし
    たけど、進歩状況はどうなんでしょうね。
    今でも続けているのでしょうか?」

Tama_zoo_3

王子「オオカミ舎を過ぎると、シロテテナガザルがいる。
   ここは08年までマレーグマが1頭だけ飼育されていたが、前述の
   ズーストック計画により上野動物園に移動。
   それから空室になっていたわけだな。
   11年春にニューフェイスのテナガザルのペアがお披露目された」

   

しろん「更に進むと、オランウータン舎があります。
    2ヶ所の放飼場間を結ぶスカイウォークは、全長150m。
    世界最大級です。
    時間は、午前11時から。
    冬季、雨天は中止。時間ピッタリに渡るとも限りませんが、高さ
    12~18mの綱を渡るオランウータンは圧巻です。
    今回オランウータン舎に到着したのは、お昼の12時前。
    少し待っていると渡り始めたので、お昼頃に行くといいかもしれま
    せんね」

   

王子「飼育下での世界最高齢となるモリーがいたが、今年の4月に
   死亡。
   国内でのオランウータンの飼育数と言えば、ペア+子供の構図が
   多いが、多摩は親・兄弟・血縁関係ナシが混ざって9頭。
   ズバ抜けているよなぁ」

   

しろん「東京に、それだけの敷地があるんですからね」

Tama_zoo_

王子「スカイウォークの下を通って、ユキヒョウ舎へ。
   多摩のユキヒョウは5年間で12頭が誕生しており、国内に限らず
   世界でも有数の繁殖成績を誇っている。
   今年も、3頭生まれているしな」

   

しろん「実習中に唯一(バックヤードを)見に行けなかったユキヒョウ。
    ヴァルデマールが来園して間がなかったから、仕方ないです」

   

王子「円山動物園にいるアクバル(オス)は、多摩で誕生した個体だ。
   こちらも、今年に繁殖が成功している」

   

しろん「ユキヒョウの先にも動物がいますが、1度引き返します。
    シフゾウや、10年に新しい施設になったインドサイ、行きに見れ
    なかった猛禽類などを回収しつつ、アフリカ園まで戻りました。
    次回は、やっとお昼ご飯です」

2011.11.23

≪王子と行く≫多摩動物公園のはなし その2

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

前回→多摩動物公園のはなし その1

   

Tama_zoo_1

しろん「多摩で飼育されているアカカンガルーの性別を見分ける方法を
    お教えしましょう。
    個体識別のタグが右耳についていればオス。
    左耳についていればメスです。
    まあ、体格とかを見れば大体分かるでしょうけれど」

   

王子「オーストラリア園には、昆虫園以外で唯一の室内展示施設があ
   る」

   

しろん「コアラ館ですね。
    多摩と言えば、ライオンバスとコアラ、それに最近力を入れてい
    るオランウータンですよ」

Tama_zoo_2

王子「以外にと言うか、コアラはCITESに掲載されていない。
   保護活動が成功し、オーストラリアの一部地域では増えすぎてい
   るほどだとか」

   

しろん「コアラと言えば、ユーカリしか食べないことで有名ですね。
    コアラたちのため、園内でユーカリの木を育てています。
    ライオン舎の近くだったはず…。
    ユーカリにはたくさんの種類がありますが、コアラが食べるのは
    その中の一部だけ。
    実習の時のノートを引っ張り出してみると、多摩であげている
    種類は、グニー、ポーシ、ハエマス、グロブ、テレチ、プンク、
    カマルド。通称とか略語かもしれないけれど」

   

王子「ユーカリ以外の食べ物でも育てられないものかと、リンゴをあげて
   みたら1頭しか食べなかったとか。(1頭だけでも食ったのかよ!と
   逆に驚いたがな)
   アメリカではユーカリのペレットが作られたらしいが、その後ウワサ
   が出ていないとか。
   色々と試行錯誤していたようだが、結論は『ユーカリでしか飼育で
   きない』と」

Tama_zoo_

しろん「コアラが飼育されている部屋は、美術館や博物館レベルの完全
    な防音設備です。
    お客さんの声は全く聞こえません。
    コアラを迎える時に「貴重な動物なら神経質なんだろう」と考えて
    のことらしいのですが、それが日本のコアラが神経質になる一因
    なのかもね、とのこと。
    多摩動物園での実習生受け入れは何年も続いているわけです
    が、そんな神経質なコアラの飼育スペースには、実習生も入れて
    もらえなかったようです。
    実習生としてコアラを担当したのは私が初めてらしい(((;゚Д ゚)))
    と、ノートを読んで改めて驚いたわけです」

   

王子「更に、飼育部屋は、1年を通じてオーストラリアの時間や気温・
   湿度に設定されているという徹底ぶりだ。
   時差はほとんどないが、夏と冬は逆転してるってことだな」

   

しろん「実習は夏休みでしたが、寒くはなかったですよ。
    地域ごとに3つの亜種に分かれるので、赤道に近い北の方の
    気温に合わせているんでしょうかね。
    飼育されているのも、北方系が多かった(06年の時)ですし」

   

王子「そんなこんなで、多摩で飼育されているコアラが外気に触れるこ
   とはない。
   光も、水銀灯やトゥルーライト(紫外線を出すライト)がほとんどで、
   窓越しに日光を浴びるくらいしかできない。
   完全に管理された空間で一生を過ごすとなると、いくら快適でも息
   が詰まりそうだな」

   

しろん「多摩に限らず、日本の動物園のコアラは室内にいることが多い
    ですよね。
    オーストラリアの動物園に行った時は、普通に外で飼育されてい
    る姿にカルチャーショックを受けました」

   

王子「24時間中20時間を眠って過ごすコアラ。
   動いているのを見たいなら、ユーカリの枝変え(=ゴハンタイム)
   に行くことをオススメする」

   

しろん「時間は、午後1時30分です。
    現在、多摩には5頭のコアラがいますね。
    その中の2頭、アヤとミリーは、実習の時にもいました」

Tama_zoo__2

王子「フクロモモンガは、ペットとしても人気だな」

   

しろん「展示されている個体以外にもバックヤードに数頭飼育されてい
    るんですよね。
    理由はご想像にお任せしますが、可愛いだけで動物は飼えませ
    んよ。ちゃんと下調べをしてから飼ってくださいね」

Tama_zoo__3

王子「カンガルー科の動物は、大きな種類を『カンガルー』、
   小さな種類を『ワラビー』と呼ぶ。
   そして、カンガルーでもワラビーでもない中くらいの種類が
   『ワラルー』だ。
   なんと言うか…ワラルーに同情を禁じ得ない」

   

しろん「写真はありませんが、ワラビー舎の一角にヒメウォンバットもい
    ます。
    とてもコアラに近い種なんですよ。
    同じ祖先から、樹上生活へと進化したのがコアラ、
    地上生活へと進化したのがウォンバットと言われています。
    1日の大半を寝て過ごし、抱き枕ならぬ抱き木をして寝ている
    こともあるとか」

   

王子「可愛い外見に似合わず、オスは縄張り意識が高く、人間に向
   かって来ることもある。
   多摩のウォンバットは、チューバッカというオスだ。
   扱いは猛獣と同じ。人間がチューバッカと同じタイミングで同じ場所
   には入らない」

Tama_zoo__4

しろん「では、また次回。
    残りのアジア園の動物たちに会いに行きましょう」

2011.11.22

≪王子と行く≫多摩動物公園のはなし その1

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

   

王子「CITESの旅、第二弾。8月4日に多摩動物公園に行ってきた。
   夏休み真っただ中の木曜日。
   天気予報は曇り…時々雨? 微妙な天気だな」

   

しろん「動物園に行く日は、日程に余裕があれば天気が少し崩れる日
    を選んでいます。特に夏!
    天気がいいと動物園が混むのと、カメラの温度が上がりやすく
    なり、画質が落ちる。最悪、電源もが落ちてしまうためです。
    1日中カメラが動いていてくれないと困りますからね」

   

王子「開園は9時30分。
   もちろん開園前の到着を目指して家を出たわけだが、交通事情に
   より、到着したのは9時50分頃になってしまった」

Tama_zoo_84_ouji_0011_2

しろん「You Tubeの方にUPした動画でほとんど紹介してしまいました
    が、そこに載せられなかった部分を喋っていきましょうか。

    修正版に入れ替えたので、こちらに貼っておきます。
    ちなみに、メインのBGMは栗コーダーカルテットのアレンジで
    『となりのトトロ』。
    東京とか埼玉の山はトトロのイメージですね。
    後から思ったんですが、多摩地域繋がりで『耳をすませば』の曲
    もありだったよね、と。
    BGMは、日本語のボーカルなしの曲から選んでいこうと思いま
    す。

    多摩は、学生時代に実習で2週間お世話になった思い入れの
    ある動物園で、語り出すと止まらくなりますので注意しようと思い
    ますw
    コアラやトラなど、人気のある動物の担当でした。
    楽しかったなぁ」

Tama_zoo_2

王子「開園は1958年(昭和33年)。
   とにかく坂道が多くて…とは動画の中でボヤいているのでカット
   する」

   

しろん「入園料は上野と同じで、高校生以上600円です」

Tama_zoo_1

王子「飼育動物たちは、生息域ごとに分かれ展示されている。
   入口から真っすぐ奥に行くと『アジア園』
   入口から右手に行くと『アフリカ園』
   アジア園の奥にある『オーストラリア園』
   アフリカ園に行く途中にある『昆虫園』
   だな」

   

しろん「私は、アフリカ園→アジア園→オーストラリア園→残りのアジア
    園の順に周ります。
    まあ、ほとんどの方がこのルートだと思いますが。
    昆虫園はハチドリに会いに行ったり行かなかったり。
    基本、虫は・・・ねえ?」

Tama_zoo_2

王子「無料のシャトルバスは、高齢者・障害者(と付添い)が優先だ。
   アジア園を周るルートで、バス停があるので途中下車OK。
   オーストラリア園へは途中まで行けるが、アフリカ園へは自力で行
   くしかないな」

   

しろん「アフリカ園は、入口から近いですからね。
    坂は、ちょっと急ですけど…」

Tama_zoo_1

王子「真っ先に向かったのは、アフリカ園のチーター。
   キングチーター目当てのカメラマンが10人ほどいた」

   

しろん「地面に線が引いてあって、前列は子供、後列は大人と分けられ
    ていましたが…あまり意味はないですよね。
    カメラマン軍団が一番前を占拠しないように、くらいのつもりだと
    思いますが」

Tama_zoo_1_2

王子「チーター舎を後にして、ライオンの放飼場をぐるっと周る。
   多摩のライオンは、ライオンバスに乗らないと近くで見られないの
   が難点だな」

   

しろん「ライオンバスは、高校生以上350円(3歳~中学生と65歳以上
    は100円)ですね。
    入園料の半分以上ですかぁ」

Tama_zoo_2_2

王子「次はアフリカゾウ。訪れる6日前の7月29日に46歳(推定)の
   メス、マコが死亡しており、献花台が設置されていた」

   

しろん「私が実習に行っていた時、ちょうどオスのアフリガゾウが死んだ
    んですよね。
    翌日にアフリカゾウ舎に連れて行ってもらったんですが、みんな
    元気がなくて室内に入りたがってる。
    群れの仲間が死んじゃったことを分かってるんだよね、って飼育
    担当さんが言ってました。

    動物園だとほとんどの動物が剖検されるので、そのアフリカゾウ
    も当日に剖検となりました。
    実習生も見学できたのですが、私はちょうど休みの日だったので
    見れず…。
    大人のオスのアフリカゾウの至近距離に立って、剖検まで見れる
    チャンスなんて、後にも先にもないんだろうなぁ」

Tama_zoo_3

王子「アフリカゾウ舎から、キリン、シマウマなどがいる大放飼場へ。
   キリンを見下ろせる、ちょっと珍しい体験ができるスポットだ」

Tama_zoo_

しろん「チンパンジー舎を過ぎて、アフリカ園が終わりです。
    ここからはアジア園。
    山の中を歩きながらコウノトリやモウコノウマ猛禽類を見て、オー
    ストラリア園へ抜けます」

   

王子「坂を登ったり降りたりするのは大変なので、全部見ようとせず
   道沿いの動物をみながら、一直線にオーストラリア園に行くつもり
   でいたほうがいいぞ」

   

しろん「長くなってきたので、1度切りますね」

20110826_frs_06

いつぞやのクイズ、答え合わせ。

左上 クロツラヘラサギ
右上 チンパンジー
左中 チーター
中央 ユキヒョウ
右中 シロフクロウ
左下 コシベニペリカン
右下 シフゾウ

2011.11.08

≪王子と行く≫多摩動物公園のスライドショー

≪王子シリーズ≫をはじめてご覧の方は、コチラの第1回をお読みいただくことをお勧めします。

   

王子「ブログに出るのも久しぶりになってしまったか…。
   召使いのやつ、負傷してココに来れないらしい。
   今日は、召使いから預かったデータを持ってきたので、
   おいていくぞ。

   遡ること3ヶ月前に行った多摩動物園の写真を繋いで作った
   スライドショーだそうだ。

   自分のPCに動画作成ソフトが入ってからというもの、すっかり
   動画作りにハマってしまったらしい。

   召使いが復活したら、この動画の解説を含め多摩動物園の
   話をするとの事だ。

   それまでの繋ぎにどうぞ、と言っていた」

王子「色々とダメなところがあるわけだが…。
   手直しさせるので、目をつぶってほしい。
   あまりにも小さいので、
ココからYou Tubeのページ直接行ける
   ようにしておいた」

その他のカテゴリー

CITES巡りの旅 | HP用アイコン | オーストラリア研修 | コザクラインコ | ジャンガリアン・ハムスター | ハムスター毛色遺伝 | プロフィール | ワン服 | 日記・コラム・つぶやき | | 白へび様 | 07年春 くおん育児日記(ウメ組) | 07年春 くおん育児日記2(サクラ組) | 07年秋 いちご育児日記(キンモクセイ組) | 09年冬 みおん育児日記(シンビジウム組) | 09年夏 みおん育児日記(スイレン組) | 09年春 めろん育児日記(クロタネソウ組) | 09年秋 りぼん育児日記(サルビア組) | 10年冬 りおん育児日記(ロウバイ組) | 10年冬 ルージュ育児日記(オンシジウム組) | 10年初夏 まろん育児日記(死産?) | 10年夏 はのん育児日記(ハイビスカス組) | 10年秋 れもん育児日記(レモン組)  | 10年秋 アリエル育児日記(クローバー組) | 11年冬 シャンティ育児日記(プリムラ組) | 11年夏 チャイちゃん育児日記(フリージア組) | 11年春 千緒育児日記(リアトリス組) | 12年夏 アリス育児日記(ハツユキソウ組) | 12年春 みゅう育児日記(アヤメ組) | 12年春 アリス育児日記(バラ組) | 12年春 シャンティ育児日記(マリーゴールド組) | 13年冬 あんず育児日記(カルミア組)

別館

ブログランキング参加中

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitter

無料ブログはココログ