2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

在籍ハム一覧

  • ≪ハルス≫
    2012年8月31日うまれ
    自家繁
    クリーミーサファイアパイド
  • ≪バジル≫

    2012年6月5日うまれ
    自家繁
    サファイア
  • ≪ましろ≫

    2012年4月26日うまれ
    サファイアパール
  • ≪クライル≫

    2012年3月中旬うまれ
    ノーマルパイド
  • ≪ルート≫

    2012年2月中旬うまれ
    クリーミーサファイア
  • ≪アリス≫

    2012年1月31日うまれ
    サファイアパイド(インペリアル)
  • ≪みゅう≫

    2012年1月15日うまれ?
    韓国出身
    クリーミーサファイア

  • ≪シャンティ≫

    2011年9月10日うまれ
    クリーミーサファイア
  • ≪トルテ≫

    2011年6月17日うまれ
    自家繁
    ノーマル(インペリアル)
  • ≪千緒≫

    2010年11月12日うまれ
    自家繁
    サファイアプディング

« 地獄月間 | トップページ | 嬉しいお知らせ、悲しいお知らせ 嬉しいVer. »

2012.04.08

嬉しいお知らせ、悲しいお知らせ 悲しいVer.

最初の週から既にぐったりorz さすが4月、おそるべし!

 

4月1週目のハムズの動きを公開しようと思うのですが、悲しかったり嬉しかったりでゴチャゴチャになるので、今回は悲しいほうのご報告をします。

嬉しい話題を期待していらっしゃった方、申し訳ない!

 

 

春の嵐だった4月3日、アリエルとお別れしました。

もうどうしてあげることもできなくて、安楽死を選択したのです。

 

理由は3つ。

3月の頭に骨折した足先を噛み千切ってからというもの、出血しては止まり、また出血し…で傷口のコントロールができなくなったこと。

1歳過ぎから、脂肪分がノーマルなゴハンを食べると下痢になって痩せる病を発症。
ずっとLPF(低脂肪ペレット)で維持してたんですが、頼みの綱のLPFを食べなくなっちゃいまして。
他のゴハンに変更すると案の定下痢になるわ痩せるわで…。
でも食べないわけにはいかないし・・・というジレンマ。

そうこうしているうちに、お腹の中にポヨポヨしたシコリができました。
場所的にも卵巣か子宮かって感じ。

 

1番目と2番目が、大きな理由です。
これに関しては、何もしてあげることができなかった…。

傷口を噛みながら鳴くんですよ、「ジュッ、ジュッ」って。

苦しんでいる姿を眺めるしかできないなんて、無力ですね。

それならば、飼い主としてさいごにしてあげられること。
動物に許された特権『安楽死』を…。

 

安楽死に関しては、賛否両論。
アメリカでは、ペットが癌になったら「治療or安楽死」の2択になるくらいメジャーな存在ですが。
日本では、「介護してなんぼ」「自然のままに」という意識の強いので、あまり好まれた選択肢じゃないですね。

そんな事情を知りながら書きました。

 

私は、最後の手段として安楽死はありだと思ってます。
自分が死ぬ時に苦しみたくないので。

安易な安楽死は決して進められません。

最後の最後、なにもしてあげられなくなった時に、飼い主が引導を渡してあげるのもひとつの選択肢だと思います。

「逃げだ」とか「無責任」とか思われる方もいらっしゃるでしょうけど。

 

うーん、なんか言いたいことが分からなくなってきました。

なんだろう、何を書けばいいのか・・・。

時間がなくなってきたので、今日はこのへんで。
追記するかもしれないし、しないかもしれない。

 

最後に、アリエルの骨折部分の写真をUPしておきます。

UPするかどうか迷ったけど・・・。

足先を食い千切る数日前の写真です。

刺激が強いので≪続き≫に隠してあります。

平気な方のみご覧ください。

 

暗い話題ですみません。

嬉しい話題もあるんですよ、ものすごく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc06671001

噛まれるので軍手着用。

撮影の時以外は持ちません。

下痢でドロドロになっているのはご容赦ください。

« 地獄月間 | トップページ | 嬉しいお知らせ、悲しいお知らせ 嬉しいVer. »

ジャンガリアン・ハムスター」カテゴリの記事

コメント

私はアリエルちゃんの傷をよう見なかったアカンタレです。トホホ。

でも、アリエルちゃんはいろんなことで苦しんでいたのだから、安楽死はありだと思います。さぞ、お辛かったでしょうけれど。。。

私も、昔犬を飼っていたとき、「もう治る見込みがない」と信頼する獣医さんに言われて、苦しんでいた子を安楽死させてもらった経験があります。とても辛かったですが、後悔はしていません。

しろんさん、本当にお疲れさまでした。そしてアリエルちゃん、よくがんばって偉かったね!

アリエルちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

お久しぶりです。

アリエルちゃんは、まごのお嫁さんで
交配では、まごが寝てしまいアリエルちゃんを
お待たせてしまった記憶があります。

ハムスターの病気で、やはり私も辛い経験をしましたが
苦しませないでお空に行かせてあげたい・・・
私はそう思います。

実はまごもオブリージュも・・・お空に行っています。
まごがお空に行き、後を追うようにオブも・・・
2匹とも健康状態は問題なかったので・・・
悲しかったですが、苦しまなかったので・・・

では、長くなりましたが
しろんさん、お疲れ様でした。
アリエルちゃんのご冥福を心よりお祈りしています。

こんばんわ。
安楽死・・・私も大きな動物にはよく聞く話でしたが、小動物にもあるのだと初めて知りました。
看病を続ける、安楽死を選ぶ、どちらもつらい選択だと思います。

アリエルちゃんのケガを見ると、しろんさんの選択も正しかったのかと「私は」思います。

私ごとですが、先ほどアリエルちゃんの息子”空君”もママの元へと旅立ちました。

今頃、ハムランドで再会しているでしょうか?
もう苦しむこともないと思うと、少しホッとしています。

しろんさんも辛かったと思いますが、どうかお気を落とされませんように。
そしてアリエルちゃんと空君が虹の橋で幸せに過ごせますようお祈りいたします。

アリエルちゃん、頑張ったんですね。。犬等の大きい動物しか、安楽死という選択肢は私には無かったようです。ハムスターを飼いだして、安楽死を考えるまもなく、亡くなっていたんだなぁ・・・と改めて感じました。メイは夏くらいからの腕の腫瘍が肥大して、ブログに載せるのをためらってました。
でもアリエルちゃんの姿を見て、こういう風になると知らない方に見てもらおうとも思ってきました。
アリエルちゃん、骨折が生きるための負荷になる為に噛み切ったんだね、きっと。安楽死がどうなのか、私にはわかりませんが、辛そうな子を診続ける勇気も私にあるかどうか・・・
しろんさん、お疲れ様でした。アリエルちゃんのご冥福、心よりお祈りしています。
喜びのお話、楽しみにしていますよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地獄月間 | トップページ | 嬉しいお知らせ、悲しいお知らせ 嬉しいVer. »

別館

ブログランキング参加中

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitter

無料ブログはココログ