2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

在籍ハム一覧

  • ≪ハルス≫
    2012年8月31日うまれ
    自家繁
    クリーミーサファイアパイド
  • ≪バジル≫

    2012年6月5日うまれ
    自家繁
    サファイア
  • ≪ましろ≫

    2012年4月26日うまれ
    サファイアパール
  • ≪クライル≫

    2012年3月中旬うまれ
    ノーマルパイド
  • ≪ルート≫

    2012年2月中旬うまれ
    クリーミーサファイア
  • ≪アリス≫

    2012年1月31日うまれ
    サファイアパイド(インペリアル)
  • ≪みゅう≫

    2012年1月15日うまれ?
    韓国出身
    クリーミーサファイア

  • ≪シャンティ≫

    2011年9月10日うまれ
    クリーミーサファイア
  • ≪トルテ≫

    2011年6月17日うまれ
    自家繁
    ノーマル(インペリアル)
  • ≪千緒≫

    2010年11月12日うまれ
    自家繁
    サファイアプディング

« イヴ、安楽死で・・・ | トップページ | 作者不詳のIf »

2007.12.12

イヴが帰ってきました

とりあえず、私はペットロスから生還しかけている感じです。ブログに書けて、ネットもサーフィンして、学校も全員が動物好きという特殊な環境のお蔭・・・ですかね。学校では、突然涙を流しだしたりして、周りに迷惑かけまくりですけど(^-^;) 家にいるより学校にいるほうが悲しいのは、何故でしょうかねぇ・・・?

1ヶ月の間に2匹と1頭が逝ってしまい、衝撃は大きいです。

あと2週間ほどで、くおんの49日です。

くおんの命日11月9日、イヴの命日12月9日。偶然か必然か・・・ちょうど1ヶ月違いなんですよね。

     

今日、6日ぶりにイヴが帰宅しました。

昨日、お線香セット(?)を買いに行き(一番小さいモノで揃えたけど、ペット用だと理解してたかどうか・・・。なんでこんな人が買い物に来るのかと不審がられたかも)、遺影の写真プリント(自宅プリンターで限界のA4サイズ)まで用意して、今はケージの上が仏壇になっています。

     

これからは、ペットロスの回復に向けて創作作業に入ろうと思います。・・・仏壇作りも、作業といえば作業ですが。

手紙は、らしきものをブログに書いてあるので、得意分野(?)ということで写真を見ながらスケッチでしょうかね。

こういうことを書いていると冷静なようですが・・・一応、ペットロスの知識は少しでもあるのね、ということで・・・。ノートひっくり返しながら、頑張ってます。

    

    

イヴの安楽死に立ち会った夜、ふらふらしてたらキャリーバッグ(荷物用)の角に思い切り足の小指をぶつけました・・・。その時の痛さは尋常ではなかったのですが、それ以上にイヴの死が堪えていて。夜中に吐き気と痛さに目が覚めて、いつものように小指をぶつけただけじゃないのかと心配に・・・。

吐き気は精神的なものもあるかもしれないし、骨が小さすぎると吐き気もないらしいので、判断材料からは外して・・・。指が曲がるので、完全に折れているわけではないようです。

少し腫れてるのと、まだ痛いのは気になりますが、触れるし、きっと大丈夫。少しヒビでも入っているかもしれませんけどねぇ(爆)

ええ、怖いので病院には行きませんよ。自力で治します。

« イヴ、安楽死で・・・ | トップページ | 作者不詳のIf »

」カテゴリの記事

コメント

ニキさん

どうして腎臓と肝臓を悪くしたのか、未だに分からないんですよね。
元々弱っていたところに嘔吐で成分バランスが崩れ、麻酔でも負担がかかった・・・のかも。
手術の翌日は何ともなかったのは説明できませんが、点滴も負担になるのでしょうか?
支払いの時に訊けたら・・・訊いてみます。


安楽死か延命か・・・。
検査結果や獣医師の言葉が全てではありませんが・・・。

安楽死を選択したのは、
・動物は、点滴から栄養が摂れていると分からない。飲まず食わずで点滴を続け、イヴは『生』を実感できるだろうか。苦しみを長引かせるだけでは?
・家族と離れての入院生活の負担
・いつ動物病院から危篤の知らせがくるか分からない状況に、人間が耐えられるか。最期に居合わせることができるか
  こんな理由からでしょうか。

何より、涙を流し、嘔吐で口とエリカラを汚して衰弱しているイヴを見ていると、延命という言葉は出てきませんでした。

安楽死については、賛否両論。絶対はありません。
でも今回、安楽死を選択できて良かったと思います。
私は保定させてもらいましたし、家族にも見守られて・・・。きっと、イヴの目に最期に映ったのは家族の顔だったと・・・信じています。


草太くんの里帰りの際、毎度のように吠えまくって、ご迷惑をおかけしました(^-^;)
今度お越しの際は、よろしければお線香をあげていってくださいませ。

思いがけないニュースを読み、しばらく
気持ちが沈んでしまいました・・。
イヴちゃん・・・あの大人しいお利口さんの
レトリバーですよね。
大型犬が大好きな私は、あまりにも可愛いのでなでなでしたいなあ、と思ったのを覚えています。

何だかややこしいものを食べてしまって手術と書いてあったので、心配していました。
まさか、結局あれが原因になったのでしょうか。
腎臓と肝臓機能がダメになったというのは、やはり直接的な原因かもしれませんね・・(泣)

先日、テレビで安楽死させられていた同じ大型犬が、
おそらくこれからされることを察してか、
涙をボロボロ流していたのを見て、
胸が痛み、猛然と腹が立ち、
ブログのほうに書こうかと思っていたところでした。

でもイヴちゃんの状態では(本人も生きたかったかもしれませんが)、
やはり安楽死の選択は間違ってはいなかったのかもしれませんね。
水も飲めないというのは、あまりにも辛いです・・・。

家族同様のペットが苦しむ姿はとても
見ていられません。お辛かったでしょう。
まだ8歳くらいですけど、レトリバーの寿命は、
だいたい10歳前後と聞きますから、
普通なのでしょうか。

何だか立て続けに小さな家族を失ってしまい、お気持ちお察しします。
本当にペットロスからの立ち直り、大変でしょうが、無理しないでくださいね。
イヴちゃんのご冥福をお祈りします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イヴ、安楽死で・・・ | トップページ | 作者不詳のIf »

別館

ブログランキング参加中

  • ブログランキング・にほんブログ村へ

Twitter

無料ブログはココログ